カーネル平滑化 (kernel smoothing)

定義

カーネル平滑化 (kernel smoothing)とは、たくさん存在する時点の値(点推定値)1つ1つに対して、その時間の近傍に存在する点推定値の全てを平均して、関数の平均を求める手法である。不規則な点推定値の集合を、なめらかな関数形へと変化するテクニックである。カーネル平滑化によって得られる推定値は移動平均の1種である。

カーネル平滑化において平均算出に使用する近傍の幅(例えば±1秒とか)はバンド幅(band width)と呼ばれる。バンド幅の定義は研究者に委ねられている。

関連

ハザード関数 (hazard function)

コメント