[R][逆引き] データフレームの操作

データフレームのデータを操作する

既存のデータフレームに行を追加するにはrbind()、列を追加するにはcbind()を使用する。

2つのデータフレームに結合処理を行うのがmerge()である。

データフレームから指定した条件にあう行、列のみを選択するにはsubset()を使用する。

データフレームから重複行を検出するにはduplicated()を使用する。

rbind()

cbind()

[R]base::merge() 2つのデータフレームを水平マージする関数

[R]base::subset() : ベクトル、マトリックス、データフレームから一部を選択抽出する(ジェネリック関数)

[R]{stats}duplicated() : ベクトル内の重複要素やデータフレーム内の重複行を検出する関数

データフレームを集計する

[R]base::by() : データフレームに含まれる各グループごとに集計関数を実行する関数

[R]base::rowMeans() : データフレームの複数行の行平均を一括計算する関数

データフレームのメタデータを操作する

[R]base::row.names() : データフレームの列名を(文字型ベクトルとして)取得または設定する関数

コメント