平方和のタイプ

同義語

残差平方和のタイプ

定義

平方和のタイプとは、統計モデルの残差平方和の計算方法の種類のことである。複数のモデルを比較するためには、各モデルの平方和を計算する必要がある。しかし平方和の定義は複数あるのである。

タイプⅠ検定 (type Ⅰ test)

帰無モデルから出発し変数を1つずつ追加して行き、残差平方和の減少分を追加した説明変数の効果とする方法。

タイプII検定(type II test)

まず全ての主効果を含めたフルモデルを構築し、主効果を1つずつ削除していき、残差平方和の増分を求め、それを削除した説明変数の効果(主効果)とする。

次に、全ての主効果と交互作用を含めたフルモデルを構築し、交互作用を1つずつ削除して聞き、残差平方和の増分を求め、それを削除した交互作用の効果とする。

このように主効果 → 交互作用の順に評価していくのがタイプIIの方法である。

タイプIII検定(type III test)

フルモデル(主効果および交互作用の全てを含めたモデル)から出発し、説明変数(主効果、交互作用を区別しない)を1つずつ削除して行き、残差平方和の増分を求め、それを削除した説明変数の効果とする方法。

 

 

コメント