[TMT]自尊感情(self-esteem)

定義

自尊感情(self-esteem) とは、自分が自分に対して抱く評価的な感情(好き/嫌い、肯定/否定、良し悪しなど)のことである。

脅威管理理論における自尊心の解釈

脅威管理理論の文脈では、自尊感情は「文化的世界観の価値基準を満たした有意味な社会の有能な構成員であるという感覚」(グリーンバーグら 1997)と定義され、自尊感情を得るには、(1)文化的世界観の価値基準自体を信頼し、(2)その基準に合致するように行動する、2つのことが必要(グリーンバーグら 1986)と考えられている。

なお、自尊心の解釈に関しては脅威管理理論以外にも進化心理学による解釈などの別解釈もある。

参考

存在脅威管理理論への誘い―人は死の運命にいかに立ち向かうのか (セレクション社会心理学)

コメント