[TMT]合意的妥当化

定義

合意的妥当化とは、本来、相対的であり、優劣を決したり妥当性を証明したりすることのできない世界観を、より多くの人たちが信じているという理由で妥当化するしようする心の働きのことである。

合意的妥当化の観点からは、自分と同じ世界観を信じる人を増やすことは自分の世界観への確信を増すことになり、自分の世界観を否定する人や、別の世界観を信じる人の存在は自分の世界観への確信を揺るがす脅威となる。

参考

存在脅威管理理論への誘い―人は死の運命にいかに立ち向かうのか (セレクション社会心理学)

コメント