[TMT]存在脅威顕現化仮説(Mortality Salience hypothesis ; MS仮説)

定義

存在脅威顕現化仮説(Mortality Salience hypothesis ; MS仮説)とは「存在論的恐怖が顕現化すると、人は文化的不安緩衝装置の機能をより強く求める」(脇本 2012)という脅威管理理論の仮説である。

参考

存在脅威管理理論への誘い―人は死の運命にいかに立ち向かうのか (セレクション社会心理学)

コメント