DPC(診断群分類包括評価)

定義

DPC(診断群分類包括評価)とは、病名、症状、治療内容、入院日数などの組み合わせに応じて総医療費が決まる、医療費の評価方式の1つである。DPCでは1日あたりの点数が決められている。

DPC普及以前は、治療、検査、などにかかった費用を全て合算する「出来高支払い方式」が主流であった。

コメント