5がん検診の感度、特異度、死亡率減少効果まとめ

5がん検診の感度、特異度および死亡率減少効果について、がん情報サービスが公開しているデータを整理した。がん情報サービスは、国立がん研究センターがん対策情報センターが運営するサイトであり、事実上、日本政府の公式見解と考えてよいであろう。

がん検査法感度特異度死亡率減少備考
X線検診70〜80%90%男性61%、女性50%陽性反応適中度0.7〜2.0%
胃内視鏡証拠不十分
ペプシノゲン法証拠不十分
ヘリコバクターピロリ抗体証拠不十分
大腸便潜血検査(免疫法)30.0〜92.9%記載なし1日法による検診を毎年受診で60%減少(症例対照研究)免疫法の感度は化学法と同等以上
大腸便潜血検査(化学法)25〜80%記載なし毎年受診で33%、2年に1度受診で13〜21%の死亡率減少(RCT)
大腸全大腸内視鏡検査95%以上死亡率減少効果に関する直接的証拠は不十分
大腸直腸指診なし
胸部X線検査63〜88%95〜99%
喀痰細胞診25〜78%99%台
子宮頸部擦過細胞診(従来法)94.7%98.9%細胞診で疑陽性以上(日母分類でのクラスIII以上)の人を精密検査の対象として、上皮内がんとがんを検出する
子宮頸部擦過細胞診(従来法)50〜80%台70〜90%台RCTなし

観察研究からは定期検診により死亡率を最大80%まで減少させる

中等度異形成以上を検出する能力
子宮頸部擦過細胞診(液状検体法)報告なし感度、特異度ともに従来法とほぼ同等
子宮HPV検査を含む方法証拠不十分*1
視触診なし
マンモグラフィ50歳以上では死亡率減少効果が平均23%(統計的有意)、40〜49歳では平均16%(平成13年の久道班報告書)
超音波報告なし

 

*1:HPV検査単独の場合は、中等度異形成以上あるいは高度異形成以上の病変の検出の感度は、いずれも細胞診(従来法)より良好だが、特異度は劣る。HPV検査と細胞診の同時併用法、HPV検査陽性者への細胞診トリアージ法でも同様の結果。HPV検査陽性者への細胞診トリアージ法では、細胞診に比べ感度は高いままで、単独法や併用法に比べ、陽性反応適中度を改善する。

コメント