粗死亡率(crude mortality rate; CMR)

定義

粗死亡率(crude mortality rate; CMR)とは、一定期間の死亡数を単純にその期間の人口で割った値である。

例えば1年間に人口10万人のうち何人死亡したか、という形で表現される。

 

関連

年齢調整死亡率(age-adjusted mortality rate):粗死亡率は人口構成の影響を受けるため、基準人口を使用してこれを調整したものが年齢調整死亡率である。

 

コメント