WordPressアドレスとサイトアドレスの違い

WordPressには、「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」という2種類のアドレスがある。おそらくこの名前から両者の意味を推測出来る人は稀であろう。両者の別名と意味を下の表に整理した。

名称別名意味
WordPressアドレス

(WordPress Address)

ホームWordPress のコアファイルを配置した場所のURL(Webサーバーが実際に参照しに行くURLのこと)
サイトアドレス

(Site Address)

サイト URLWordPress サイトにアクセスするためにユーザーがブラウザに打ち込むURL

いずれもhttp://~のようなURLで指定し、最後に/をつけない約束になっている。

サイトアドレスは、実際のURLに別名をつけるために使用する。典型的には、wordpressのコアファイルを専用ディレクトリにインストールした場合などに使用する。例えば「wp」という専用ディレクトリにWordpressをインストールしたとしよう。

この場合、サイトアドレスを使用しなければ、以下のURLでWordpressにアクセスすることなる。

“http://ドメイン/wp”

この/wpは邪魔だ、単に”http://ドメイン/”でアクセスできた方がスマートだ、そう考える人もいるだろう。このような場合に、サイトアドレスを使用するのである。

WordPressがシングルサイトの場合、両者とも「設定 → 一般設定」画面から簡単に修正することができる。

マルチサイトの場合は管理画面から一発というわけには行かず、スクリプトとデータベースの手動での修正が必要になる。

https://codex.wordpress.org/Moving_WordPress#Moving_WordPress_Multisite

参考

https://wpdocs.osdn.jp/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88_URL_%E3%81%AE%E5%A4%89%E6%9B%B4

コメント