頭頸部がんの病理学的危険因子

頭頸部がんの病理学的危険因子(ミクロ所見)として以下のようなものがある。

日本語英語略語意味
断端陽性positive surgical margin手術で摘出した検体の端にがん細胞が存在している状態。がんの取り残しがあると考えられる。
節外浸潤extracapsular extensionECEリンパ節被膜を超えて隣接する組織に腫瘍細胞が進展していること。
神経周囲浸潤perineural invasionPNI神経鞘を構成する3層のどこかに腫瘍細胞が存在していること。
リンパ管侵襲lymphovascular invasion or lymphovascular space invasionLVI血管 and/or リンパ管に腫瘍細胞が広がっていること。

これらのなかでも特に断端陽性と節外浸潤陽性がリスク因子と考えられている。

参考

Clinical outcomes of elderly patients treated for oral cavity squamous cell carcinoma, 2017

コメント