生命の始まり

ヒトの生命の始まりはいつからか、ということに関しては複数の見解がある。

代表的なものを以下に示す。

(1) 精子、卵子が発生した時点が生命の開始時点である。この見解では生命の開始時点がいつなのか、精子、卵子がどのような状態になった時からなのか更に定義が必要となる。

(2) 受精の瞬間が生命の開始時点である。

(3) 受精卵が着床した瞬間が生命の開始時点である。

(4) 子宮内にヒトの形態を取った時点が生命の開始時点である。(子宮内の胎児は連続的に形態を変化させるため、特定の瞬間を同定するのは難しい)

(5) 出産時点が生命の開始時点である。

(2) はカトリック教会の見解である。(4)は日本の刑法の見解である。

コメント