Mercuryの設定

Mercuryの管理ツールの起動

Mercuryの設定は管理画面から行う。Xampp Control PanelからMercrusyを[Start]で起動すると[Admin]ボタンが押せるようになるのでこれをクリックすると、

以下のようなMercury32の管理画面が起動する。このConfigurationメニュー以下を使用してMercuryを設定していく。

Mercuryの設定の考え方

Mercuryの設定は4つの部分にわけて考えると理解しやすい。

(1) Mercury Core Moduleの設定(Mercury全体に共通する設定)

(2) Mercury Protocol Modulesの設定(SMTP、POPなど各プロトコルごとの設定)

(3) 起動するプロトコルの設定

(4) ユーザーの管理

それぞれ管理画面のConfiguration以下の以下のメニューから設定できる。

以下、順を追って最低限Mercuryを動かすのに必要な設定を見て行こう。

コア設定(Mercury全体の共通設定)

ここでは主に以下2つの設定をすることになる。

(1) [General] タブのInternet name for this systemに、自分のメールサーバーのドメイン名あるいはIPアドレスを入力する。
(2) [Local Domains]タブにメールサーバーのローカル名とインターネット名を入力する。

使用するモジュールの選択

Protocol modules…から使用するものにチェック、使用しないもののチェックを外す。

メール送受信に必要な最低限のプロトコルは以下のものである。

メールの送信に必要なモジュール

MercuryS SMTP Serverは必須である。これに加えてMercuryE SMTP ClientあるいはMercuryC SMTP Clientのいずれか1つが必要となる。

MercuryEとMercuryCはいずれか一方だけが使用可能である。従ってS+EかS+Cの組み合わせで運用することになる。

MercuryEとMercuryCの違いは以下の通り。

MercuryEMercuryC
メール配信の仕組み相手サーバーに直接メールを送信外部サーバーを経由して相手サーバーにメールを送信
OP25B対策不可能可能

従ってOP25B対策が必要なら(今日ほぼ必須であろう)MercuryCを選択することになる。

メール受信に必要なモジュール

MercuryP POP3 Server

プロトコルごとの設定

使用するプロトコルの設定を行っていく。以下ではMercurySとMercuryCの設定を説明する。POPは設定しなくてもそのままで使用可能である。

MercurySの設定

Connction controlに設定をする。下記の2箇所にチェックを入れるとセキュリティが高まる(メールを送受信するだけなら必須ではない)。Authenticated SMTP conncetions may relay mailにチェックした場合、AUTH Password fileの設定も必要となる。任意の場所に空ファイルを作成して、そのパスをここに記述すればよい。(この画面からは設定ファイルを新規作成できないため、上記のようなちょっとまどろっこしい手続きが必要である。)

続けてオプションであるが[SSL]タブからSSL通信対応にすることもできる。この画面から必要な認証ファイルも作成可能である。

MercuryCの設定

SMTP “Smart” Host detailsに使用する外部サーバーの設定を記述する。以下の画面はGmailを使用する例である。

Smart host name : smtp.gmail.com

Connection port/type : 587 SSL encryption via STARTTLS command

Login username : GmailのID

Password : Gmailのパスワード

なおGmailを外部サーバーとして使用する場合、2016/12/11現在では「ブロックされたログインについてご確認ください」というメールが届く。

このメールにあるリンクから「安全性の低いアプリ」のアクセスをオンにすることによって、Mercuryからの外部メール送信が可能になる。

ユーザーの管理

Manage local uses…からユーザー(IDとパスワード)の管理を行う。

補足:実際に設定していてはまったこと

postmasterというユーザーが最初から作成されているが、特殊なユーザーのようでこのユーザーにメールを送っても受信できない。と思いきや、実際にはpostmaster=Adminユーザーであり、postmasterに送信していたメールはAdminのアカウントで受信することができていた。

参考

http://www.aconus.com/~oyaji/mail2/mercurymail_conf.htm

コメント