三学

定義

三学とは、仏教における修行を3つの様式として整理したものである。

三学の具体的内容は「戒(かい)」「定(じょう)」「慧(え)」である。

戒 → 定 → 慧の順で、下位のものが上位のもの土台となって修行が進むと説かれることが一般的である。

戒:(外に表現される)実際の言葉と行いを整える。

定:心を整える(安定させる)。

慧:安定した心を基盤として、現象をあるがままに観察して智慧を得る。

仏教では、智慧を得ることにより、解脱(滅尽)の境地に達するとされている。それが仏教の修行の最終目的である。

コメント