無財の七施

定義

無財の七施とは、財産や地位はなくともできるとされる7つの布施である。財産や地位はなくとも布施はでき、周囲の人たちの心を和ませ、自身の徳を積めるという大乗仏典『雑宝蔵経』にある教えである。

1. 眼施(げんせ)優しいまなざしで見つめること
2.和顔悦色施(わげんえつしきせ)なごやかな顔つきで接すること
3.言辞施(ごんじせ)温かい思いやりのある言葉を語ること
4.身施(しんせ)自分の身体を使って奉仕すること
5.心施(しんせ)他者を気遣い、心を配ること
6.牀座施(しょうざせ)席や場所を譲ること
7.房舎施(ぼうしゃせ)雨風をしのぐ場を与えること

参考

コメント