anterior resection syndrome

定義

anterior resection syndromeとは、直腸・肛門がんに対する低位前方切除術(low anterior resection : LAR)後に起きる、排便回数増加、便が房状になること(clustering)、便失禁、便による下着の汚染(soiling)などを症状とする、後遺症のことである。

参考

[zotpress items=”9ADRZRAU” style=”apa”]