弾性着衣等に対する療養費支給

制度の骨子

弾性着衣とは弾性ストッキング、弾性スリーブ、弾性グローブの総称である。
医師の判断で四肢のリンパ浮腫に対する治療として、弾性着衣/弾性包帯が使用される場合、国から補助金(療養費補助)を受けることができる。これが弾性着衣等に対する療養費支給である。

制度のポイント

以下、療養費の支給対象となる条件等についてポイントをまとめる。

まず支給対象となる疾病は、がんに対するリンパ節郭清を伴う術後に発生したリンパ浮腫である。あらゆるリンパ浮腫が対象となるわけではない。

弾性着衣の場合、以下の条件がある。

原則として30mmHg以上の着圧のものが支給対象である。但し、関節炎、腱鞘炎などにより強い着圧では装着に支障を来す場合は着圧20mmHg以上のものでも可。
支給回数:装着部位ごとに2組まで。6ヶ月毎に買い替え可。
支給可能な限度額の上限:1着あたり、弾性ストッキングは28,000円(片足用あ25,000円)、弾性スリーブは16,000円、弾性グローブは15,000円。

弾性包帯の場合、以下の条件がある。
支給対象:医師の判断により弾性着衣が装着不能と判断された場合のみ
支給回数:装着部位ごとに2組まで。6ヶ月毎に買い替え可。
支給可能な限度額の上限:弾性包帯1組あたり、上司7,000円、下肢14,000円が上限。

支給申請に必要な書類

1. 医師の装着指示書

2. 弾性着衣などの領収書または費用金額を証明する書類

参考

http://www.mhlw.go.jp/topics/2008/03/tp0325-1.html
四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等に係る療養費の支給について(保発第0321002号)
四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等に係る療養費の支給における留意事項について(保医発第0321001号 )

コメント