[R]{psych} bfi : 組み込みデータセット

{psych}にはbfiという組み込みデータセットが含まれている。

bfiはInternational Personality Item Pool (ipip.ori.org)から取られた25の自己回答式性格評価項目、2800人分のデータである。International Personality Item Poolは、ネット上の性格評価プロジェクトであるSynthetic Aperture Personality Assessment (SAPA)の一部として含まれている。

bfiは尺度構築(scale construction)、因子分析(factor analysis)、項目応答理論分析(Item Response Theory analysis)などの学習に使用できる。

bfiには、3つの人口学的データ(性別、教育、年齢)も含まれている。

25項目は5つの因子で組織化されている:Agreeableness, Conscientiousness, Extraversion, Neuroticism, および Opennnessである。

スコアリングキーはmake.keysを使用して作成された。スコアはscore.itemsを使用して見出された。

これらの5因子は、polychoric相関行列に対する項目反応理論に基づく潜在因子分析であるirt.faを使用する有益な実例である。各因子に対する裏書プロット(endorsement plots)と項目情報関数はこれらの因子が質的に異なっていることを明らかにする。

項目データは6ポイント応答尺度を使用して収集された: 1 Very Inaccurate 2 Moderately Inaccurate 3 Slightly Inaccurate 4 Slightly Accurate 5 Moderately Accurate 6 Very Accurate

コメント