[R]{base} diff() : lagged differencesあるいはiterated differencesを計算する関数

説明

ラグド階差(lagged differences)ないし繰り返し階差(iterated differences)を返す。

使用法

Default S3 method:
diff(x, lag = 1, differences = 1, …)

引数

x : 階差を取りたい値の格納された数値型ベクトルあるいはマトリックス

lag : 整数値。いくつ要素をずらした階差を取るかを指定する。

differences : 階差の乗数(order)を指定する整数値。要するに階差演算を何回繰り返すかを指定する。

使用例

# 累積度数データを作成する
> x1<-1:10
> x1
[1] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
> x2<-cumsum(x1)
> x2
[1] 1 3 6 10 15 21 28 36 45 55
> x3<-cumsum(x2)

# 1~3乗の階差を計算する
> diff(x3,differences=1)
[1] 3 6 10 15 21 28 36 45 55
> diff(x3,differences=2)
[1] 3 4 5 6 7 8 9 10
> diff(x3,differences=3)
[1] 1 1 1 1 1 1 1

# ベクトルの要素が2つの場合、ただの引算として使用できる。
> diff(c(10,3)) # これは 10-3と同じ

 

コメント