反事実的理想(counterfactual ideal)

定義

反事実的理想(counterfactual ideal)とは、因果関係を測定するために最も理想的であるが、実際には存在し得ない(=反事実的な)、測定条件のことである。

その意味するところは、ある曝露を受けた人を、曝露を受けないその人自身と比較するというものである。同じ人が同時に曝露と非曝露という2つの経験をすることは現実には不可能である。

反事実的理想(counterfactual ideal)は、論理的に完璧な因果関係の推定は現実世界では実行不可能であることを意味している。現実世界でなしうるのは完璧な因果関係推定への近似である。