誘導時間(induction period)

同義語

誘導時間(induction time, induction period)

定義

誘導時間(induction period)とは、ある原因構成要素の作用開始時点から、最後の原因構成要素が作用し疾患が生じる時点までの、時間(interval)のことである。

但し最後に作用する原因構成要素の誘導時間は0とする。

ある因果メカニズムの原因構成要素は同時に生じるわけではないため、1つの原因構成要素が作用する時点と、全ての構成要素がそろう時点までには、インターバルが存在するということである。

誘導時間の実例

例えば放射線による二次発がんの場合、放射線への曝露からそれを原因構成要素とする発がんまでには数年間かかると考えられている。従って、例えば放射線曝露の翌日に起きた発がんは放射線による二次発がんとは考えないことになる。

関連

因果のパイモデル(causal pie model)

潜伏期(latent period)

参考

ロスマンの疫学―科学的思考への誘い