粗率

定義

粗率とは、層別化データの区分別の率を、その集団の実際の分布を重みとして加重平均したものである。

層別化データの区分別の率を、別の集団の分布を重みとして加重平均したものが標準化率である。このことから、標準化率は「仮想の粗率」と呼ばれることがある。