本のまとめ

本のまとめ

『安楽死で死なせて下さい』

第3章 人間の尊厳とはなんだろう 「病気やケガを治したり、命を救うことは、医療の大切な使命です。しかし今の医療は、「生かす」ことしか考えていないように思えます。「幸せに死なせる」とか「上手に死なせる」ことも、医療の役目ではないでしょうか。...
本のまとめ

『政治のニュース』(池上彰)

第1章 「国会議員」はどんな仕事をしている? 真面目に政治活動をしていると年間1億円の政治資金が必要と言われている 「免責特権」国会中の演説や発言では名誉棄損などの罪に問われることはないという国会議員の特権 「三バン」:地盤(...
本のまとめ

『池上彰の18歳からの教養講座』

Lecutre 3. 豊かさとはなんだろう ◆ 日本のバブル(1986/12-1991/2) プラザ合意(1985)によるドル安誘導合意 → (ドル安)円高不況 → 公定歩合引き下げ → 低金利による不動産バブルの発生 → ...
本のまとめ

『輪廻転生 <私>をつなぐ生まれ変わりの物語』(竹倉史人)

はじめに 米国ハリス社の世論調査(2005-2013):「神」「奇跡」「天国」などの宗教的観念への信仰率が軒並み減少している中で、アメリカ人の「輪廻転生」への信仰率はむしろ増加している。 国際社会調査プログラム(Internatio...
本のまとめ

『はじめて出会う生命倫理』

## 序章 生命倫理学の提唱者はV.R.ポッターである。 ## 第1章 生命倫理はどこから来て、どこへ向かうのか ベルモント・レポートの3原則:善行、正義、人格(人間)の尊重 ◆生殖医療の歴史 1983  日本初の...
本のまとめ

『はじめて出会う生命倫理』

序章 生命倫理学の提唱者はV.R.ポッターである。 第1章 生命倫理はどこから来て、どこへ向かうのか ベルモント・レポートの3原則:善行、正義、人格(人間)の尊重 ◆生殖医療の歴史 1983  日本初の体外受精児が誕生 ...
本のまとめ

『リサーチクエスチョンの作り方』

第1章 リサーチ・クエスチョンとは 従来の抄録スタイル(IMRAD) Introduction Methods Results And Discussion 従来の抄録はIMRADで記述されてきた。この方法でも各項目(Int...
本のまとめ

『論文を正しく読み書くためのやさしい統計学』

第11章 コックスの比例ハザードモデル ハザードとは ハザードとは瞬間死亡確率のことである。 ハザードの物理的な次元(単位)は(時間)^-1である。 ハザードの具体例:罹患率(incident rate)、死亡率(death rat...
本のまとめ

『マンション格差』

# 第1章 マンションのブランド格差を考える 「不動産業界の慣例によると、デベロッパーの事業利益はマンション価格の15%から20%とされているが、最近の傾向としては会社によってマチマチである。40%近い利益を乗せて販売している...
本のまとめ

The Psychology of Death

Death in the Midst of Lifeの章の一部をまとめた The available research これまでの研究は死の不安(anxiety)に集中しすぎてきた。 縦断研究に乏しい。 標本が便宜的サンプル(例えば...
本のまとめ

『自由に生きる』

プラユキ・ナラテボー # 第1章 生きる力に目覚める仏教 ## 開示悟入 仏の智見を明示し、悟らせ、仏道に入らせること 「苦しみの渦から脱するためには、ありのままの自分を認められるかどうかが大きなポイントになる。自分を認...
本のまとめ

『生殖医療はヒトを幸せにするのか 生命倫理から考える』

# 序章 倫理の追いつかない生殖技術 ◆代理母出産 妻以外の女性のおなかを借りた出産のこと ◆生殖補助医療(ART) 様々な生殖医療技術の総称である。 ◆新型着床前診断 着床までの受精卵の段階で染色体異常を調べる技術...
本のまとめ

『死生学入門』

第1章 死生学とは何か ◆死を巡る現在の状況 現在は「公的な死の拡大」と「私的な死の先鋭化」の自体である。「3人称の死の拡大」と「1人称の死の先鋭化」の時代。 「伝統的共同体が持っていた死にまつわる集合的な慣習や技の喪失」 「死の囲...
本のまとめ

『存在脅威管理理論への誘い』

はじめに 存在脅威管理理論(terror management theory 恐怖管理理論)とは、自分の死が不可避であるという認識から生まれる恐怖(存在論的恐怖)が、人間に大きな影響を与えていて、それに対する防衛という観点から社会的行動が...
本のまとめ

『日本人の死生観を読む』

プロローグ 「自らの死を予期してそれに備えること、死を間近にした経験を支えとして生きる生き方、死後の生についてまとまった考えをもつこと、死者とともにあることを強く意識する生の形、他者との死別の悲しみを重く受け止めて生きること等は、死生観を...
本のまとめ

『いのちの選択』

1章 知っておきたい、考えたい、脳死・臓器移植13のこと <1>脳死・臓器移植とは何か ◆ドライブ論(米国大統領生命倫理評議会) 大前提:死=ドライブ(生きようとする力)の消失 小前提:ドライブの表出=呼吸かつ意識 ...
本のまとめ

『疫学』(ロスマン)

第7章 バイアスへの対処法 疫学における誤差 誤差:偶然誤差(random error)と系統誤差(systematic error)に分類される。 バイアス バイアスの3分類: 選択バイアス(selection bias) 情...
本のまとめ

『死生学[1]』

第2章 死生学と生命倫理 バイオエシックスは1960-70年代にアメリカで成立した知の領域である。 レネー・フォックスによればバイオでシックスは「知的なハプニングであるだけでなく、社会的にも文化的にも1つのハプニングであった」のであ...
本のまとめ

『ストレスに負けない生活』-心・身体・脳のセルフケア

はじめに 「ストレスをもたらす状況には、「頑張る系」と「我慢する系」の2つがあるという視点も提供します。」 「従来の身体面から人間を捉える生物医学に対して、行動面から人間を捉え、その行動のコントロールを通して病気や健康にアプローチし...
本のまとめ

『腸内フローラ10の真実』

以下は企業対策アクションのニュースレター作成に必要な1章までのみのメモである。 はじめに 腸内細菌の数は100兆以上。 人間の遺伝子:2万数千個 腸内細菌の遺伝子の総数は人間の遺伝子の100倍 腸内細菌が形成する生態系を腸内フ...
本のまとめ

『医学的根拠とは何か』(津田 敏秀)

まえがき 「日本の大学医学部には、人間を目標に掲げながら人間を対象とした研究をしないという矛盾が存在してる。臨床研究は、多くが海外任せというのが実態なのである。」 「臨床研究における鍵となるのは、臨床経験を数量化し、統計学によって分...
本のまとめ

『苦しまなくていいんだよ』

## 第1章 ## 第3章 「この重心を変えていく方法ですが、それはやはり、「繰り返し」ということに尽きると思います。私たち僧侶が毎朝毎夕、欠かさずに経典を読誦したり、瞑想を繰り返したりするのもすべて、繰り返しによって心の安定を図り...
本のまとめ

『本当の自分とつながる瞑想入門』

第1章 なぜ、毎日がこんなに息苦しいのか? 「仏教では、苦しみをもたすのは、「心配の対象」ではなく、「心配する心」そのものだと考えます。先ほどお話した通り、自分の心が全ての原因だと考えるからです。 「特定の物事や人物に対して苦手意識を持...
本のまとめ

『42.195kmの科学』

第1章 マラソンを高速化させた肉体の秘密 42.195kmが採用されたのは1908年のロンドンオリンピックから。当時の世界記録は2時間55分18秒。 「大事なのは自分を信じることです。自分の身体は弱くなっていないんだと言い聞かせるこ...
本のまとめ

『医療否定本の嘘』

序章 近藤誠医師は功績を残したはずなのに 「実は、80年代から90年代にかけては、しっかりしたエビデンス(科学的根拠)がなくても薬がどんどん承認されてしまった暗黒の時代でした。抗がん剤では、「クレスチン」とともに「UFT」「ピシバニール」...
本のまとめ

『一流患者と三流患者』(上野直人)

序章 がんの専門医ががんになってわかった、患者にとって本当に大切なこと 「自分が患者になってはじめて、患者さんの気持ちが心の底からわかったのです。「頭ではわかっていても、いざ患者になるとなかなかできないんだよ・・・」ということが、です。」...
本のまとめ

『がんを告知されたら読む本』(谷川 啓司)

第1章 がんを知ろう 「がん細胞そのものに痛みや苦痛を引き起こす性質はありません。」 「古い細胞が死ぬのを待たずに新しい細胞が生まれる」性質をもったと想像してみてください。 「がんの塊は最低5mm程度なければ、現在の医療技術を...
本のまとめ

『がんとともに、自分らしく生きる』希望をもって、がんと向き合う「HBM」のすすめ

 はじめに がんになっても、幸せをめざす 「あなたにとってプラスになるなら、抗がん剤を使えばいいし、あなたにとってマイナスになるなら、抗がん剤を使わなければいい、ただそれだけのことです。抗がん剤は、すべての人にプラスになるわけでもないし、...
本のまとめ

『がんを生きる』

プロローグ 「手術ができないほど進行したがんでも、胃がん、大腸がんでは生存期間の中央値は十年前よりも2,3倍に延長しているのです。」 「元気なときに、他人の死を見たり、市の教育を受けることは、命の大切さを知るには大事なことと思うのですが...
本のまとめ

『がんでも長生き 心のメソッド』

第1章 一番聞きたいこと。がん=死ですか? Q がん発覚。私の人生これで終了ですか? A 「がん=死」ではありません。がんは「慢性疾患」のひとつで気長に一生つきあう病気です。 精神腫瘍科の歴史 「1997年にニューヨークの『スロ...
本のまとめ

『大学教授がガンになってわかったこと』

プロローグ 「膵臓ガンは、ガンの中でも極めて悪性度が高い。手術でガンを切除できる人は患者の20%。手術できても、五年生存デキる人は、そのなかのさらに20%。ということは、100人いたら、5年以上生きられる人はたったの4人ではないか!」 ...
本のまとめ

『デキる人の秘密』仏教の性格分析と能力開発法

第1章 人の性格についてーなぜ能力は向上しないの? 「なぜ、われわれの人間関係はダメになっているかというと、とにかく相手を支配したいという気持ちがあるからです。」 「ここで仏教から学ぶべきことがあります。人の判断も自分の判断も、あま...
本のまとめ

がんー病の皇帝(上巻)第2部

第2部 せっかちな闘い 社会を形成する 「研究室や病院でがんと闘い続けるためには、まずは議会で戦わなければならないと気づいたのは、おそらくあなたが初めてでしょう(*26)」乳癌患者で活動家のローズ・クシュナーは賞賛を込めてメアリ・ラスカ...
本のまとめ

『マインドフルネス最前線』

第1章 ヴィパッサナー瞑想を哲学する 坐禅をへて初期仏教の瞑想を始めた哲学者の真意と思考実験 「僕自身がヴィパッサナー瞑想から学んだのはそこです。つまり次々と起こってくる想念連鎖を、起こってくるママに、ただ気づいて、ただ観ていく。そのこと...
本のまとめ

意味がわかる統計学

付録1 エクセルで統計量を計算しよう 標準正規分布 χ2乗分布 t分布 F分布 以下は全体を読後の自由想起です 頻度について 「頻度」とは回数、何かが実現した回数である。 回数か数えられるとい...
本のまとめ

意味がわかる線形代数

第1章 連立1次方程式 第2章 線形空間 ベクトル a,bをそれぞれ実数倍(k倍、l倍)したものの和、「ka + lb」をa,bの一次結合と呼ぶ。 「1次結合」とは ka+lb, ka+lb+mcなど。 1...
本のまとめ

はじめてのメタアナリシス

第1章 メタアナリシスとは メタアナリシスとは、同一テーマ(CQ)に対する複数の1次研究を合算して1つの結論を導く研究(法)である。 各一次研究から効果量を抽出し、その加重平均を求めるのが基本方針である。 なぜ加重平均するのか...
本のまとめ

がんー病の皇帝(上巻)第1部

口絵 がんの医学的な描写が初めて登場するのは紀元前2500年に書かれたエジプトの文書である。「乳房の隆起するしこり・・・手で触れた感じは球形に丸めた梱包用の布のようだ」治療に関してはその古代の筆者人はこう記している。「(治療法は)ない」(...
本のまとめ

「死」は幸福のキーワード: 「死隨念」のススメ (初期仏教の本)

洗脳を解く 仏教では、人間だけではなく、一切の生命の中で死なないものがいるのか、一切の存在の中で壊れないものがあるのか、「しっかり調べなさい」「目を覚ましなさい」と教えます。 無常に逆らおうと一生懸命 マインドコントロールを解くために...
本のまとめ

『運命がどんどん好転する 慈悲喜捨の瞑想法』

Ⅰ 瞑想から不思議な力が生まれます お釈迦様の言葉 「人間を幸福にする心の働きというものがあります」 「この世のいかなる存在も、ただのエネルギーの働きであって、このエネルギーは生滅変化しながら流れている働きである。まあ、それだ...
本のまとめ

怒らないこと2

第1部 怒りとは生命の根源にある感情 第1章 なぜ怒る? 「明るく生きていきたい」という希望があるにもかかわらず、どうしてもわれわれは怒ってしまいます。どんなに決心しようが、石にかじりつこうが怒ってしまいます。いったいなぜなのでしょうか...
本のまとめ

大学の線形代数 (石井俊全)

01-01 ベクトルの定義 $ R $ : 実数全体の集合 $ R^2 $ : 平面ベクトル = 2次元実数ベクトル $ R^3 $ : 空間ベクトル = 3次元実数ベクトル 成分が...
本のまとめ

『概念モデルをつくる』~研究課題を目に見える形に~

「概念」≒「抽象名詞」。概念は言葉で表現される。 「概念モデル」とは、概念と概念の関係図である。絵+文章 → 即ち絵本のようなもの。  概念モデルと等価な内容は、数学では「論理式」、Rでは「モデル式」と...
本のまとめ

ゼロから学ぶ線形代数

第1章 行列式とは要するに面積のことなのだ (実数) x a→と(実数)xb→の和の形で表現されるベクトルを「a→とb→の線形結合」という 線形:実数倍、まっすぐ伸ばした/縮めた、の意味 結合:足し算の意味 ...
本のまとめ

『初めての一歩 メタアナリシス “Review Manager”ガイド』

第1章 メタアナリシスの用語 効果量(effect size) 効果量(effect size)とは標準化された統計量である。即ちサンプルサイズの影響を受けない数字である。従ってメタアナリシスで扱いやすい指標である。 効果量の...
本のまとめ

Rによるやさしい統計学

2. 1つの変数の記述統計 ・「数値要約」:データの持つ特徴を1つの数値にまとめること 2-3 変数の種類 ・変数には「質的変数」と「量的変数」がある。 ・「質的変数」:データを構成する人などを分類する変数。好きか嫌いか、男か女か、な...
本のまとめ

誰も教えてくれなかった癌臨床試験の正しい解釈

第1章 非劣性試験 FACS試験 1999年 日本でNSCLCに対して3剤(paclitaxel、gemcitabine、vinorelbine)承認された時に、厚労省から義務付けられる市販後臨床試験として行われた試験である。 当...
本のまとめ

図解 ベイズ統計「超」入門

02章 確率の「4つの基本」を押さえよう 確率とは 確率は比である。全体を1としてある部分がその何%に相当するかを表現している。 全体を1としている(=正規化)しているのがポイントである。こうすることで全然別の事象の確...
本のまとめ

『今日から使える医療統計』

03 単変量統計テストの選び方 調べたいのは差なのか相関なのか 扱う変数を構造化する(ツリー分解する)。即ちまず群をリストする。続けて各群において評価する変数をリストする。 群1 群2 変数...
本のまとめ

TNM 7th

01 頭頸部腫瘍 部位 TNM分類頭頸部腫瘍に記載されている領域は以下の通り 口唇・口腔 咽頭(上・中・下咽頭) 喉頭 上顎洞 鼻腔及び篩骨洞 粘膜悪性黒色腫 大唾液腺 甲状腺...
スポンサーリンク