VO2max(最大酸素摂取量)

定義

VO2max(最大酸素摂取量)とは、1分間に体重1kgあたりに摂取可能な最大酸素量のことである。持久力の決定因子の1つである。

VO2maxのピークを維持できるのはせいぜい10分間程度と考えられている。従って実際のマラソンなどのレースでの持久力を考えるにあたっては、VO2maxの何%を維持できるかという酸素摂取水準(%VO2max)も重要である。

VO2maxの平均値

10代平均=約49ml/kg/分
20代平均=約45ml/kg/分
30代平均=約39ml/kg/分
40代平均=約35ml/kg/分

(参考データ:新・日本人の体力標準値<2000>)

25歳~30歳を超えると、その後10年ごとに10%程度ずつ低下していく。

日常的に激しい有酸素運動を行って心肺機能を鍛えている男性では、加齢によるVO2maxの低下速度をある程度抑えられることが知られている。10年ごとに5%程度まで低下速度を遅く出来るとの報告あり。

関連

乳酸性作業閾値=乳酸閾値(Lactate Threshhold;LT)

血中乳酸蓄積開始点(OBLA=onset of blood lactate accumulation)

参考

42.195kmの科学 マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」 (角川oneテーマ21)