障害者手帳

障害者手帳とは、障害者として公的機関に認定を受けた人に配布される手帳であり、障害者はこの手帳によって自らが障害者であることを証明することができる。

障害者手帳の分類

障害者手帳は3種類ある。

(1) 身体障害者手帳:身体障害者が対象

(2) 療養手帳:知的障害者が対象

(3) 精神障害者保険福祉手帳:精神障害者が対象

障害者手帳を持つメリット(例)

以下のものが安くなる。税金、公共交通機関の運賃(電車代など)、電話代、公共料金(博物館、美術館映画館など)、医療費、NHK受信料など。

生活保護受給時には受給額が加算される。

その他、就業支援のメリットもある。

障害者手帳と障害年金の関係

身体障害者手帳、療養手帳と障害年金は全く別の制度である。認定基準も異なるし、受けられるメリットも異なる。

精神障害者保険福祉手帳の認定基準は障害年金とほぼ同じである。

コメント