主効果 (main effect)

定義

主効果(main effect)とは、分散分析の文脈において、ある要因が(他の要因の影響を無視した上で)特性値に与える影響のことである。

一要因分散分析においては主効果しか存在しない。多要因分散分析においては複数の主効果と、主効果間の相互作用を区別して考察する必要が生じる。

重回帰分析との類比で言えば、(他の変数の影響を調整しているとう意味で)、偏回帰係数に相当する概念である。この場合の偏回帰係数は、分散分析の要因を表現するダミー変数にかかる係数である。

関連

1次の交互作用 (interaction)

2次の交互作用

標準偏回帰係数